文学女子に食べられる ネタバレ感想!|後輩女子の家で、フェラされ、お尻の穴に指を入れられ・・・

文学女子に食べられる ネタバレ感想!|後輩女子の家で、フェラされ、お尻の穴に指を入れられ・・・

こんにちは「山口」です。

 

今回は「ひまわりのたね(種乃なかみ)」さんの

「文学女子に食べられるです!

 

なんとも言えないエロさがある作品です!

淡い感じの雰囲気で線も独特の絵

おとなしい女の子が、男の子を攻めていくというストーリー

ドキドキします!

Sだと思っていた自分の中にもMがあることを認識します

 

この作品の個人的な評価は

ストーリー ★★★★☆ おとなしい女の子が男の子を攻めまくります♪
★★★★☆
好き嫌いが分かれると思いますが、なんか陰湿な感じがして僕は好きです♪
女の子の可愛さ ★★★☆ 大人しそうな女の子ですがエッチは積極的でエロいです♪
抜ける度 ★★★★☆ 女の子に攻めてもらいたいと少しでも思ってる方なら抜ける!

 

ここから先はネタバレ感想です!

☆☆☆下には画像もあります♪☆☆☆

 

「文学女子に食べられる」

 無料試し読みはこちら♪ 
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
クリックしてね♪

文学女子に食べられる

 


 

登場人物!

先輩
大学の文化サークルの先輩
影が薄く童貞で自分に自信がない
後輩ちゃんに好意を抱いている

後輩女子
物静かで掴み所のない女の子
先輩に好意を持っているが、アブノーマルな趣味の持ち主

 

ストーリー!

普段無口で大人しい後輩女子に童貞男子が優しく激しく食べられる…!

文学サークルの後輩女子に密かに恋心を抱いていた僕…
ある日その子から飲みに誘われ…「ある告白」をされた…

後輩は、「その行為」に僕も興奮していることがわかると感激し…
次第に豹変し…
優しく…激しく…僕を…!

男子を甘攻めするのが大好きなフェチ系女子に徹底的に射精させられ、
セックスを通じて愛の告白をされる純愛ストーリー


 

気になっていた後輩女子からのカミングアウト♪

大学の文学サークル所属の男の子には、気になっている後輩女子がいます

その子は無口無反応

何を考えているのかわからない女の子ですが

男の子は、その後輩女子が気になっています

 

彼女は妙な色気がああり、男の子はその独特の雰囲気に惹かれていました

しかし

自分に自信もなく積極的に話すこともできない男の子

サークル室で2人きりになることが多いのですが

男の子は悶々とした気持ちを抑えるのに必死でした

 

そんな悶々とした日々を送っていたある日

後輩女子から飲みに誘われます

 

舞い上がる男の子

 

飲みに行った2人ですが

男の子は後輩女子の酔った姿にドキドキ♪

 

そんな時

後輩女子がいきなりのカミングアウト

「あの…ずっと…言いたかった事があって…」

 

どきっとする男の子

後輩女子が言ったことは自身の性癖

「私…その…お耳を舐めるのが…好きで…」

「もしその…先輩がそういうの…嫌いじゃなかったら…」

「お耳……舐めさせていただけませんか…?」

真っ赤になりながら聞く後輩女子♪

 

ドキドキが止まらない男の子

 

「あの…ご…めんな…さい…」

「気持ち…悪いですよね…突然こんな…」

そう言う後輩女子に

赤くなりながら男の子は

「いや…そんな事は…」

 

すると

「じゃあ…このあと…」

「私のおうち……来ませんか……?」

 

この漫画コマ割りが絶妙で、妙にエロさを醸し出してます♪

 

後輩女子になされるがままの男の子♪

 

後輩女子に誘われるがまま、彼女の家に行った男の子

 

2人は彼女のベッドの上に座り、ドキドキが止まりません

しばらくの無言の後

「…せんぱい いいんですよね……?」

 

ドキドキする男の子

「そ…その…み、耳を……だよね…?」

 

「…はい… 耳を…私…食べちゃって…いいんですよね…?」

 

そう言って、ゆっくり男の子の耳に唇を近づける後輩女子

「お耳…舐めますね…」

 

鼓動が早くなる男の子

 

後輩女子は舌を出し、男の子の耳にゆっくりいやらしく舐めていきます♪

 

一旦耳から舌を離したと思ったら

耳の穴に舌が…

男の子の耳を『れろれろ』と舐め続ける後輩女子♪

男の子は必死に耐えています

 

後輩女子が男この子の耳から舌を離すと、くすくすと笑いながら

「声出しちゃだめですよぉ〜♡」

と、耳元で囁き、左手で男の子の口を抑えます

 

そして

「先輩? 私…知ってるんです…」

後輩少女は男の子に顔を近づけていき

「先輩が私のこと…オカズにしていること…」

「私、においですぐ分かるんです…」

「サークル室で私と一緒の時、よくお手洗いに行って、1人でシてきてましたよね…?♡」

「ばれてますよ♡」

 

硬直する男の子

 

後輩女子は、こんな事されて嫌なのかと男の子に聞き

そして

「あそこ…触って確かめてみても…いいですか…?」

 

固まって何も言えない男の子

「触っても…いいんですよね…?」

 

後輩女子の左手が男の子の股間に…

 

後輩女子は涙ぐみながら

「やっぱり私たち… 相思相愛だったんですね…♡」

「嬉しい…っ」

 

後輩女子は男の子のパンツのジッパーを下げ

「私…ずっとこうしたかったんです…」

 

先輩のことがずっと好きだったと話ながら

パンツから勃起したチンポを出す後輩女子

 

いやらしい顔で、優しくエロくチンポを触る後輩女子

 

「一杯一杯…愛してあげます…♡」

と、男の子の耳元で囁き

耳を舐め、チンポを手コキします

 

男の子は後輩女子の手で射精してしまいます

 

それを見た後輩女子は

「ああ…素敵…」

「ここ…まだこんなに…♡」

チンポに付いた精子を『ぺろ♡』

そして

お掃除フェラ♪

 

フェラできて喜んでいる後輩女子♪

 

『もっと先輩を気持ちよくしてあげたいっ』

『おかしくなるくらい…っ』

 

後輩少女

左手の人差し指を、男の子のお尻の穴へ入れ

前立腺を刺激しながらフェラをします♪

 

左手はお尻の穴

右では玉を『もみもみ』

そして

口でチンポを『じゅるるるるる』

・・・こんなん逝くにきまってますよね

 

男の子はたまらず射精!

それをうっとりと見ている後輩女子

「こんなにいっぱい…」

「私のお口と…」

「それにお尻も…」

「そんなに気持ちよかったんですね…♡」

 

すると、

後輩女子

今度は自分の大きなオッパイを出し・・・

 

つづきはこちら♪

 

 


「文学女子に食べられる」

 無料試し読みはこちら♪ 
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
クリックしてね♪

文学女子に食べられる


 

一部画バレです♪

文学女子に食べられる文学女子に食べられる 手コキ文学女子に食べられる フェラ文学女子に食べられる アナル文学女子に食べられる 騎乗位セックス

 


「文学女子に食べられる」

 無料試し読みはこちら♪ 
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
クリックしてね♪

文学女子に食べられる